おすすめのトランプゲーム

おすすめのトランプゲーム

トランプゲームには数百年の歴史があり、かつては世界中で基本の娯楽のようになっていました。極東で発明されたトランプゲームは数千年間にわたって様々な形で存在しました。オンラインゲーミングの世界では、トランプゲームを好まない人には滅多に遭遇しないでしょう。以下に、ご家族で遊び方を覚えれば皆さんで楽しめる一般的なトランプゲームをご紹介します。

No1オンラインカジノのベラジョン専門の解説サイトでベラジョンカジノの全てを知ろう!

1. ジンラミー

ラミーはカードを引いていくドロー系ゲームで、同じ数字の3枚、または同じマークの連続する3枚でセットを作ります。ジンラミーは1909年にエルウッド・ベイカーと息子のチャールズ・ベイカーによりラミーの初のバリエーションとして作られました。1700年代の中国の麻雀から発展したと考えられています。1930年代の大恐慌時代に家族が家で過ごすことを余儀なくされ娯楽が必要になったときに人気となりました。ブリッジよりも遊び方が覚えやすいため、現在も家庭団らんの遊びとして楽しまれています。

2. ポーカー(テキサスホールデム)

このアメリカのカードゲームは、建設的なゲームプレイで、その構造は他のゲームとは異なる独自の構造です。ポーカーは1820年にニューオーリンズで、ミシシッピのギャンブル船で初めてプレイされました。テキサスホールデムが最も一般的で広くプレイされるポーカーの種類です。ポーカーは世界の多くの国でスキルゲームとしての地位を確立しています。また、大人数の集まりにも適した、理想的なカードゲームです。現在ではお金を賭けてオンラインポーカーで遊ぶこともできます。

3. ハーツ

ハーツとは、マイナス点のつくハートの全カードとスペードのクイーンのペナルティカードを残さず、そして手に入れないようにしながらカードの強さを競うゲームです。このゲームが初めてアメリカでプレイされたのは1800年代後期ですが、そのルーツは1600年代のフランスのゲーム “reversis”(リバーシス)にさかのぼります。1990年マイクロソフトがハーツをWindows OSにインストールして発売し、現代版として定着しました。以来、主に若者の間で人気となっています。

4. ソリティア

ソリティアは主に一人で遊ぶゲームで、1700年代中期に生まれました。クロンダイク、フリーセル、スパイダーが最も人気を集めました(少なくともコンピューターでは)。ソリティアはパソコンの発展とともに大人気となりました。現在では、何百種類ものソリティアのバリエーションがアプリでダウンロード可能です。いくつか試してみて、実際のトランプでのプレイとタブレット上でのプレイを比べてみるといいでしょう。もしお時間があるときには、カードを並べてソリティアをプレイしてみては。

5. ブラックジャック

ブラックジャックは最も広くプレイされているカジノゲームです。サッと遊べて、プレイも簡単に覚えられます。カードの合計点数が21になるか、21に近くなるようにするのが狙いです。1963年に出版されたエド・ソープの著書Beat the Dealerで初めてカードの集計が公開されました。1600年代初期には、ミゲル・デ・セルバンテス(ドン・キホーテで有名)が初めて短編作品でブラックジャックに触れています。ブラックジャックは1950年後期のアメリカで数学の達人たちがゲームを有利に運ぶ戦略を開発してさらに人気を博しました。1500年代後期に発明された頃はTwenty (トウェンティー、20)として知られていました。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x